白い肌を守るために

美白のために紫外線対策を

美白の天敵というと、紫外線を真っ先に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。シミやにきび対策にも大切な紫外線ですが、みなさんはどの程度紫外線を意識していますか?

紫外線は1年中地上に届いているということをわかっていても、紫外線対策は夏頑張ればいいや、と思ってしまう人は少なくありません。ですが本当に秋や冬の紫外線は気にしなくても大丈夫なのでしょうか。

実際春と夏と比較して、秋冬の紫外線は降り注いでくる量も、強さも減少します。夏に1分間降り注ぐ紫外線の量は、冬では5分間に相当するそうです。紫外線は実際目に映ることはないために、どのくらい届いているかは気付きにくいといえます。

そのため秋冬はやはり油断しがちですが、紫外線が全く届いていないということではありません。

またこれは季節に限った話ではなく、天候も同様の事が考えられます。曇りの日や雨の日に紫外線といわれてもピンとこないかもしれませんが、晴れの日よりも少ないといっても、確実に紫外線は私たちに降り注いでいるのです。

美白のために紫外線対策を頑張る!と意気込んでしまうと長続きさせることは難しいと思いますので、日焼け止めをつけることを毎日の日課にしてしまうくらいのイメージで継続させてみて下さい。日焼け止めクリームなどを選択する場合は、日常生活を送るだけであればSPF10~20程のもので大丈夫です。

とは言っても注意点があります。春夏より冬という季節は空気が乾いています。そのため日焼け止めを利用する前にはお肌にしっかり潤いを与えてから塗布する、もしくは保湿効果がしっかりある美容成分配合の日焼け止めを利用するなど、美白のためには一手間かける事が大切です。

乾ききったお肌に紫外線を受けるということは、スタミナがない状態できついスポーツをするのと同様だと考えて下さい。

なるべく紫外線の悪影響を受けないためにも、冬の季節の紫外線対策は、日焼け防止にプラスして保湿も忘れないようにしたいものです。但し上記の話は雪国に済む人にとっては「いつも通り」の話だと思います。

周囲が雪に囲まれているということは、大きなレフ板の上にいるような状態です。雪慣れしていない人が冬の北国でウィンタースポーツを行う場合は、帽子の他にゴーグルやフェイスマスクなどを用意し、強い紫外線からお肌を守りましょう。また日焼け止めはSPF30程度のものがちょうど良いです。

↑ PAGE TOP